Menu:

指導者のご紹介

指揮者 杉山範雄 (すぎやまのりお)

 1975年小田原出身。10歳より小田原少年少女合唱隊に入隊、ルネッサンスから現 代まで、多くのアカペラ・アンサンブルを学ぶ。 平成6年東京藝術大学音楽学部声楽科入学。平成8年藝大オペラプロジェクト『ラ・ボ エーム』(プッチーニ)にてオペラデビュー。声楽を多田羅迪夫、桑原妙子の両氏に 師事。
 卒業後、二期会、モーツァルト劇場、大和シティーオペラ等公演にて、モー ツァルト「フィガロの結婚」伯爵、「コシ・ファン・トゥッテ」ドン・アルフォン ソ、「魔笛」ザラストロ、ビゼー「カルメン」エスカミーリョ等演じ、バッハ「ヨハ ネ受難曲」、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「戴冠ミサ」、ベートーベン「第 九」等、演奏会バス・ソリストとして出演、故佐藤功太郎、小林研一郎、小泉ひろし 各氏指揮者の指揮のもとソリストも務める。
  近年では合唱指導でも活躍し、現在コーロ・しるふれい、金沢混声合唱団、IN PACE、栄混声合唱団女声部等常任指揮者。JVC合唱団、サウンドブリッジ合唱団指 導スタッフ。小田原男声合唱団、コーロ・フォレスタ等ヴォイストレーナー。また、 神奈川県下の小・中学校、桐朋学園大学付属『子供のための音楽教室』等、子供たち の指導にも取り組んでいる。神奈川県合唱連盟理事。よみうり文化センター、さがみ コミュニティーホール合唱講座、栄メサイア塾講師。藝大小田原市人会会員。

ピアニスト 飛松利子 (とびまつとしこ)

 北鎌倉女子学園高等学校音楽科、桐朋学園大学及びウィーン国立音楽大学ピアノ科 卒業。舘美佐子、三浦みどり、R.ケラー、M.フッシ、M.プリンツの各氏に師事。 第8回クロード・カーン国際ピアノコンクール第4位。第17回パルマドーロ国際コンクールピアノ部門にて第2位と課題曲最優秀賞を受賞。NHK-FM「春に巣立つ新人たち」「名曲リサイタル」、神奈川県立音楽堂推薦音楽会、軽井沢星野音楽祭等に出演。
 2005年みなとみらい小ホールにてソロリサイタル、2006年よりクラシック音楽を気軽に楽しめる「ピアノで綴る音楽史」と題した短い曲を解説付きで演奏するコンサートを度々催している。リサイタル、コンクールなどソロ及びアンサンブルピアニストとして活躍している。

ヴォイストレーナー 佐伯葉子 (さえきようこ)

 東京芸術大学声楽科卒業、同大学院修士課程修了。同大学卒業演奏会、神奈川県立音楽堂新人演奏会及び推薦音楽会に出演。以後、多数演奏活動を行う。オペラではシャブリエ作曲『エトワール』本邦初演に主役で出演の他、モーツァルト作曲『フィガロの結婚』ケルビーノ役、『コシファントゥッテ』デスピーナ役等に出演。フランス音楽コンクール1位、日仏声楽コンクール1位、日本声楽コンクール2位入賞。ローマ、ヴェネチア、パリ、ポワティエにて研鑽を積む。中村浩子、アルダ・ノニ、カミーユ・モラーヌの各氏に師事。日本フォーレ協会、コンセール・C 会員。演奏活動の他に後進の指導、合唱指揮、ヴォイストレーナーとしても活躍している。